インターネット点検票作成 FireNET

基礎データ


会社、ユーザ、資格、道具・車両、見積の各種マスターの追加編集は、メニューバーの[基礎データ]から管理者用画面に移動して行います。



会社


基礎データ画面の[会社]をクリックします。


ここでは、点検を担当する自分の会社、元請となる会社などを登録します。


会社基本情報には、「点検票No.形式」や「消費税」など、さまざまな情報を登録可能です。会社基本情報によってFireNETの振る舞いをコントロールできます。
また、ユーザ基本情報の所属会社に、あらかじめ登録しておいた会社を設定すると、所属会社の設定に応じてユーザ毎の振る舞いをコントロール可能です。

例えば、下記の設定が可能です。

・点検票No.形式を設定すると、点検票の右上に表示される番号をカスタマイズ出来ます。
・消費税の扱いを設定することで、見積書作成時に反映させることが出来ます。
・画面右上に表示するカスタムリンクを設定出来ます。
・プロジェクト種別追加分で、機器・総合以外の種別を選択肢に追加出来ます。
・プロジェクト状況追加分で、状況の選択肢を自由に設定出来ます。



ユーザー


基礎データ画面の[ユーザー]をクリックします。


FireNETでは、複数のユーザを登録可能です。
あなたの会社が数人のチームで作業を行っている場合、それぞれの社員分のユーザを追加します。



【アクセス権】

ユーザには権限を設定できます。
権限を設定することによって、ユーザが表示および操作することができる情報を制限することが出来ます。

manager:制限無しユーザ

あなたの会社のシステム管理者用の権限です。
最初に'web*****'というユーザが自動的に追加されています。
このユーザはmanager権限で、あなたのアカウントで作成した全ての情報にアクセス可能です。
また、'web*****'というユーザは特別で、このユーザで作成するデータは、あなたの管理下のユーザ全てに公開されます。
例えば、測定機器データなど、全社で共通して利用する情報は、この'web*****'というユーザで作成します。
なお、全ての情報にアクセスしたいけれども自分の作成した情報は公開したくないという場合には、manage権限を持つ別のユーザを新たに追加してください。

leader:一部制限有りユーザ

あなたの会社のシステム管理者以外は、通常、この権限に設定します。
会社やユーザなどの基礎データの編集が出来ないことを除けば、manager権限と同じようにほとんどの情報にアクセス可能です。
【重要1】
leader権限では、他人のプロジェクトを修正できません。
ただし、[状況]は修正できます。
【重要2】
leader権限は、<数人の点検作業チームのリーダー>を想定しています。
リーダーは、複数のチームが使用するマスターを勝手に変更できません。
また、リーダーは自分の点検に責任を持っており、他のチームのリーダーが自分の点検プロジェクトの日付等を勝手に変更できない様になっています。
プロジェクトはマネージャーが作成する事を想定しており、その際にプロジェクト担当者を適切に設定して下さい。


member:制限有りユーザ

外注先などの社外ユーザは、この権限に設定します。
member権限のユーザは、自分の担当するデータにしかアクセスできません。
あなたの会社が元請の場合、外注先にこの権限を設定して点検票などのデータを作成してもらうことが出来ます。
【重要1】
ただし、'web*****'というユーザで作成したデータはmember権限のユーザも追加・編集・削除可能ですのでご注意下さい。

【重要2】
自分の担当する物件であっても、自分が担当者に設定されていないプロジェクトにはアクセスできません。


guest:一時ユーザ

この権限は、通常、利用することがほとんど有りません。
guest権限は、データの追加・編集・削除に関する権限が有りません。
この権限は、自分の担当するプロジェクトとして上位の権限を持つユーザから割り振られたプロジェクトのみ閲覧可能です。
プロジェクト内の点検票なども表示されません。
【重要1】
'web*****'というユーザで作成したデータはguest権限のユーザも閲覧可能ですのでご注意下さい。

【重要2】
ユーザの追加、削除、及び自分以外のユーザの編集は、管理者ID(「web」で始まる会員ID)でログインする必要が有ります。
【重要3】
管理者IDの権限変更や管理者IDの削除は出来ません。

【所属会社】

あらかじめ登録しておいた会社を所属会社設定すると、所属会社の設定に応じてユーザ毎の振る舞いをコントロール可能です。
特別な理由がない場合を除いて、所属会社を設定するようにしてください。



■退職などによる社員のアカウント削除について

物件データに関連付けられてない社員は問題なく削除できます。
なお「削除できません」などのメッセージが表示される場合は、既に物件の担当ユーザーに設定されています。
この場合は削除せずに、退職した社員のユーザー名を「退社1」「退社2」などに変更し、後日、「一括して別のアカウントに振り替えたあとに削除する」などのご相談を頂ければ対応いたします。

■在職中ではあるが不要な社員のアカウント削除について

退職などによる社員のアカウント削除と扱いは同じです。
ただし、点検資格者などの資格を登録する際はユーザーアカウントが必須となります。
必要の際改めて作成いただいても問題はありませんがご留意ください。


資格


基礎データ画面の[資格]をクリックします。


あらかじめ登録しておいたユーザ毎に複数の資格を登録可能です。
ここで登録した資格は、点検票作成時に利用します。



【担当ユーザ】

資格を持っているユーザを担当ユーザに指定します。

【受講地、受講年、受講月】

講習を受けた時は、この画面から、受講地、受講年、受講月を修正して下さい。
受講地、受講年、受講月を修正しても、過去の点検票にさかのぼって変更されることはありません。
点検者一覧表は、必ず毎回自動作成を実行して下さい。
自動作成を実行する事で、最新の受講情報が反映できます。



道具・車両


基礎データ画面の[道具・車両]をクリックします。


点検票の測定機器の欄で選択肢として一覧に表示するために登録します。



【利用管理】

各道具・車両ごとに【利用管理】を設定することでプロジェクトに必要な道具・車両を管理出来ます。
これは、トラックや特殊な測定機器を複数の作業員が共有している場合などに活用出来ます。



商品


基礎データ画面の[商品]をクリックします。


見積書作成時に参照する「商品選択ポップアップ」に表示するために登録します。



【カテゴリー】

カテゴリーフィールドに直接カテゴリー名称を入力すると、商品選択ポップアップが表示される時に、自動的にカテゴリー単位で分類表示されます。


【売価】

売価A、売価B、売価Cを、あらかじめ登録しておくと、見積書作成時に参照する「商品選択ポップアップ」で、使用する売価を選択できます。



点検商品


基礎データ画面の[点検商品]をクリックします。


保守点検見積書作成時に参照する「点検商品選択ポップアップ」に表示するために登録します。



【カテゴリー】

カテゴリーフィールドに直接カテゴリー名称を入力すると、点検商品選択ポップアップが表示される時に、自動的にカテゴリー単位で分類表示されます。


【売価】

機器点検と総合点検の売価A、売価B、売価Cを、あらかじめ登録しておくと、保守点検見積書作成時に参照する「点検商品選択ポップアップ」で、使用する売価を選択できます。



フッター