インターネット点検票作成 FireNET

Excelコンバーターによるコンバート方法


Excelコンバーターを使えば、ExcelファイルをアップロードするだけでFireNETに変換可能です。
読み込んだExcelファイルは、あなたの指定した変換ルールに基づいて、自動的にデータベース化されます。
Excelで作成された点検票はもちろん、データにロックの掛かっている特殊な他社ソフト、独自様式、旧様式、ワープロなど、あらゆるデータをExcel経由でコンバートできます。

Excelコンバーターを使用して変換するには、まず『変換ルール』を作成する必要が有ります。変換ルールの作成には、物件・プロジェクト・点検票の追加に関する基礎的知識が必要です。最初に、この取扱説明書の『レベル1』をご覧頂き、基本操作をマスターして下さい。
また、Excelコンバーターの変換ルールを作成する方法については、『Excelコンバーターの変換ルール作成方法』のページをご覧下さい。

ここでは、実際のコンバート方法について説明します。


物件とプロジェクトの追加


Excel形式の点検票をコンバートする前に、コンバート後のデータを格納するための物件とプロジェクトを作成しておく必要が有ります。最初に、この取扱説明書の『レベル1』をご覧頂き、基本操作をマスターして下さい。


コンバート


コンバートしたい物件の点検票一覧画面を表示し、点検票様式のリストから、Excelコンバーターを選択して、[追加]ボタンをクリックします。


追加されたExcelコンバーターの[編集]ボタンをクリックします。


変換ルールのプロジェクトをクリックします。
変換ルールをまだ作成していない場合は、ここでメッセージが表示されます。先に変換ルールを作成して下さい。


レポートに変換ルールが表示されます。ここでは『自動火災報知設備点検票その123』を選択します。


コンバートしたいエクセルファイルを参照ボタンから選択します。


変換するワークシートを番号で指定してください。
1つのExcelファイル内に複数の設備などが混在していると、ワークシートが複数存在する場合があります。
その場合は、どのワークシートをコンバートするかを指定する必要が有ります。
例えば、ここでは、自動火災報知設備点検票その123が、それぞれワークシートの1,2,3に該当するような場合の指定をしています。
なお、Excelのセルに、ユーザ定義書式が使用されている場合、数字が小数点を含んでしまい、正しく変換されない場合があります。その場合は、[数字の標準書式を整数にする]チェックボックスにチェックを入れて下さい。
全ての指定が終わったら、最後に[送信]ボタンをクリックします。


コンバートが完了すると、『XLSファイル(ファイル名)をFireNET形式に変換しました。』のメッセージが赤色で表示されます。画面右のリストから、コンバートが完了した様式の[編集]ボタンをクリックしてコンバート結果を確認して下さい。


変換ルールで指定した通り、予備電源/外形の種別容量データがコンバートされています。
これで、コンバートは完了です。適宜修正の上、[保存]ボタンをクリックして保存します。



フッター