購入までの流れ

サービス内容

FireNETは以下のような様々なサービスがご利用いただけます。

サービス内容

  • 他社システムのデータを無料コンバート!

    現在ご利用中の他社システムからFireNETへのデータコンバート作業を、無料でお引き受けします。
    ご用命はお気軽にsupport@firenet.jpまでご相談下さい。

  • 新様式に無料バージョンアップ!

    新様式へのバージョンアップが無料。
    センター側で自動バージョンアップを行い、あなたのお手間は取らせません。

    • 常に最新版!

      最新の法令に基づく様式をご用意。
      常に最新版を利用できます。
    • 新機能追加も無料!

      あなたのご要望でシステムは進化。
      新機能をすぐに利用できます。
  • 総括表や点検者一覧表を自動作成

    • ・総括表を自動作成。
    • ・備考欄に記入した不良を、総括表に連動。
    • ・点検者一覧表は、消防設備点検票に記入した情報を元に完全自動作成。
    • ・もちろん、物件名や住所も全て各消防設備点検票に連動。

    Excelコンバート機能

    • Excelコンバート機能を使えば、ExcelファイルをアップロードするだけでFireNETに変換可能。Excelで作成された点検票はもちろん、データにロックの掛かっている特殊な他社ソフト等も、Excel経由でコンバートすることにより、データ活用の道を切り開きます。

    独自様式をデータベース化

    • FireNETは、あなたの作成した独自様式を組込み可能。
      『Excelコンバート機能』を利用して、独自様式のデータをFireNETにコンバートすれば、今までバラバラのファイルに保存されていた情報を、データベース化することが出来ます。データベース化された独自様式の情報は、検索・抽出後にCSV出力したり、一括印刷したり出来ます。

    点検票作成

    • 入力画面は印刷結果に近いデザインとなっています。入力フィールドへワープロ感覚で文字の入力ができ、文字幅の変更などもできます。
      フォントには、ポスターや新聞広告など、高品質な業務用印刷物に使用される、本格派本文用書体『リョービフォント本明朝』を埋め込みフォントとして特別に採用。WEB環境でありながら、従来のパソコンソフトを越える美しさで、あなたの書類を引き立てます。
      また、点検票には写真などの各種ファイルを添付可能。修理見積を作成する営業担当者にも、的確に現場の状況を伝えることができます。

    見積書作成

    • 点検票と同様、入力画面は印刷結果に近いデザインとなっています。入力フィールドへワープロ感覚で文字の入力ができ、商品マスターから簡単に見積を作成可能。過去の見積書を複製してデータを再利用する事もできます。
      見積書は2種類。補修見積や物品販売に利用する見積書と消防設備点検専用の見積書が作成可能。点検見積は明細書から自動集計して総括見積書を作成可能です。
      見積書には別紙の添付が可能。写真や各種ファイルをまとめて保存することも可能で、見積の根拠なども分類して保存。実際の受注時に現場サイドへスムーズに情報を伝達できます。

    複数人での共同作業

    • 台数無制限のネットワーク

      ネットワーク化に追加料金は不要。何台のパソコンでも、ご利用頂けます。
      台数無制限のネットワークなら、点検票ごとに分担して作業したり、現場と事務所で同じ画面を見たり出来ます。もちろん、編集したデータは一元管理。自宅、会社、営業所、現場など、いつでも、どこでも、一元化された情報にアクセスできます。
    • 多人数同時アクセス

      従来の点検票作成システムでは、多数のユーザが同時にアクセスすることを想定していませんでした。FireNETは、大規模でミッションクリティカルな金融機関システムなどに利用されるJavaエンタープライズエディションを採用。最新のサーバシステム上でマルチスレッド※プログラムを稼動し、多人数同時アクセスを実現しています。 ※マルチスレッド 複数の処理単位を同時に実行すること。

    行程管理

    • カレンダーと点検票、見積書が連動。見積提出から受注、点検、点検票作成、請求までを確実にトレースできます。
      FireNETだけで、点検業務の全てを管理可能なので、今まで、ホワイトボードに頼っていた行程管理が一気に情報化できます。

    労務計画

    • 行程管理の中で、それぞれの現場に行くメンバーを設定可能。改めて労務計画を作成することなく人員配置が行えます。また、社員にユーザIDを付与すれば、社員自身が自分専用の行程表をカレンダー形式で表示・印刷できます。点検者と人数、かかった時間などの履歴を簡単に呼び出せるので、人員配置を円滑にすると同時に、現場作業の効率化が進んでいるかどうかも確認できます。

    プロジェクト管理でメール配信

    • 担当者、顧客、物件、進捗状況、日程、メンバー、道具、車両など、現場の仕事に関連する情報をひとまとめにしてプロジェクト管理。複数のプロジェクトを関連付けることもできます。
      また、担当者の携帯に受信確認リンク付きメールを配信。
      メンバー同士のメール閲覧状況もワンクリックで確認できます。急な変更も現場の作業を邪魔することなく確実に連絡できるので、トラブルを未然に防止できます。

    物件管理

    • 物件ごとに改修工事の履歴などを確認できるので、『間仕切り変更』などの情報も確実に伝達できます。
      また、消防設備点検だけでなく、改修工事や飲料水貯水槽清掃業務など様々な業務の実績管理が可能です。
      物件情報は、1次元請、2次元請まで設定。担当者だけが物件情報を閲覧できるよう制限する事も可能です。協力業者にユーザIDを発行すれば企業の垣根を越えた情報共有もできます。

    顧客管理

    • プロジェクト単位で顧客を指定できます。顧客情報は、見積書の提出先などに連動。『お客様の名前』を、一字一句、間違うことなく記入できます。

    道具車両管理

    • 社員で共用しているトラックや測定機器などの利用管理ができます。測定機器の中には、会社に1つしかない高価な物もあります。この様な限られた数の測定機器は、点検の予定を入れるときに同時に予約可能。当日になって『道具が足りない、車が無い』などのトラブルを未然に防止します。

    測定機器管理

    • 道具車両管理で使用する情報は、そのまま点検票作成時の測定機器マスターとして反映。校正年月日なども管理し、測定機器の適正な利用が可能です。

    様々なファイルをプロジェクト別に管理

    • 写真、ワード、エクセル、PDFなど、様々なファイルをアップロード可能。ファイルはプロジェクト別に管理されるので、簡単に目的の書類を見つけ出せます。

    データ書き出し

    • 消火器一覧表、総括表、見積書などのデータを、CSV形式で書き出せます。
      書き出したファイルは、エクセルやその他様々なソフトで読み込み可能。消火器交換の提案、修理見積の作成、見積実績の統計など、様々に活用できます。